まっしーのカテーテルアブレーション体験記

不整脈(発作性心房細動)治療のために受けたカテーテルアブレーションの体験記。

大丈夫、大丈夫!(術後37日)

7月27日

今日は朝から脈が飛ぶことが多かった。

やはり自覚症状では、どういう種類の不整脈かはわからない。

心房細動でないこと祈り、あまり気になるようであれば午後は帰ろう

と考えながら会社に出社。

 

そして恐る恐る朝食。

私はいつも会社の食道で朝食をとっている。それがある意味鬼門。

手術する前、調子が悪いときはこの会社での朝の食事の際、脈は乱れ

まくりだった。私の場合、食べ始めると”血が騒ぐ”ならぬ”心臓が騒ぐ”

状態になることが多々あり、途中で箸を止め深呼吸するか、最悪食事

を中止することも。

ところが、今日は食事中は一切問題はなかった。ひょっとしたら今日

もと思ったが大丈夫。

「? 何かが違う」そんな気分だ。

 

それでも午後は大事と取って帰宅した。

 

帰ってからはさほど気にならなかったので、頓服にもらってある薬も

飲まずに様子見。

きっとまだアブレーションの影響が残っているのだと思っている。

焦らず見守るしかないか.....。

 

手術前後で明らかに違うと感じていること。

1、食事で脈が乱れない(これはこれから経過観察していく)

2、脈が速い(私の場合90回/分程度 最近減少の兆しあり)

大きくはこの2つ。

胸のムワッとする感覚はまだたまにある。

 

薬を中止してからどのように経過していくかが重要だと思うので

これからも慎重に推移を見ていこうと思っている。

 

今週末は台風がきそう。しかも今までに見たことのない進路で。

f:id:asamaberry:20180728075143p:plain

                     (気象庁HPより引用)

まるで逆走!あり得なーい!

今年は梅雨明けがあっという間、7月中に熊谷で41.1℃を記録する

などおかしいことが続く。何事も体のケアが大切!