まっしーのカテーテルアブレーション体験記

不整脈(発作性心房細動)治療のために受けたカテーテルアブレーションの体験記。

不整脈の薬の服用中止(術後33日)

7月23日

群馬県立心臓血管センターの検査・診察は31日だが、今日は行きつけのクリニックへ薬を処方してもらうために診察に行った。

行きつけのクリニックの先生は以前、心臓血管センターで心臓血管外科に勤務されていたことがあるらしく、おかげで私の治療の段取りもスムーズに運んだ。

 

「まっしーさん、心臓血管センターからの指示では一ヵ月で不整脈の薬は終了となっていますので、今持っている分がなくなったら中止となります」と言われた。

 

今まで飲んでいたのはプロノンとリクシアナ。プロノンがあるのは25日までなので26日からはリクシアナだけとなる。

 

「先生、これまで期外収縮のような症状が出ていますけど、心臓血管センターへ行くまでに心房細動の発作が出たらどうしたらいいでしょうか」

 

「1週間分、頓服として出しておきましょう」

 

「その方が安心なのでお願いします。」

 

ということ1週間分のプロノンも処方してもらった。

25日になったら予定通り、リクシアナだけの服用に切り替える。

少し不安もあるが、プロノンの服用をやめてからが、本当の意味で手術がうまくいったかどうかの確認になると思う。

 

31日の検査が待ち遠しい。

 

 今日の脈拍は90。今日も気味が悪いくらい安定。

脈飛びは数回。たまに胸のムワッとした感覚あり。