まっしーのカテーテルアブレーション体験記

不整脈(発作性心房細動)治療のために受けたカテーテルアブレーションの体験記。

なんかおかしい!?(術後47日)

8月6日

昨日の午後からなにやら心臓の調子がおかしい。

よく期外収縮と思われる不整脈が出ている。

気になったのでプロノンを頓服として昨日の午後と寝る前に服用した。

 

今朝も会社に行くときから出始め、なかなか収まらないので10時頃にまたプロノンを飲んだ。会社も今日やらなければならない仕事は終えられたので、午後は休暇にした。今年は入院・手術があったので結構休暇を取ってしまったが仕方がない。今無理をして、不整脈が出ることがまた当たり前になってしまっては元も子もない。

熱中症ぎみなのかな~頭が痛いときもある。

昨夜は雷がひどく、22時半頃をピークに猛威を奮っていたので、寝不足ということもあるせいだろうか...。

 

9月いっぱいまでは慎重な生活をさせてもらう予定。

会社復帰の際にも術後について話はしているが、不整脈を知らない人にしてみれば、退院=不整脈が治ったと見られているようだし、そもそも不整脈が出ているときの不安や恐怖心についてはほとんど理解がないと言っていい。

理解されない状況で休む理由を話してどう受け取られているか気になるところであるが、最近は臆することなく「休みます」と言うことにしている。

今は自分の心臓としっかりと向き合う時期だと考えている。

 

落ち着いたら時間はたくさんあるから。

 

心拍は80~90程度。

それにしても期外収縮(と思われる)がよく出るな~

ただ今回も実感したことは、やっぱり不整脈の出方が術前と違う。

手術前は、今日みたいに期外収縮が多いときは決まって食事のときは脈がバラバラになっていたが、今日はバラバラになる気配はない。

不安を感じなくなっている面もあることを考えると治療はうまくいっていると言っていいと思う。あとはこの期外収縮が早く収まってくれることを祈るしかない...。

 

 

その買うを、もっとハッピーに。 | ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス