まっしーのカテーテルアブレーション体験記

不整脈(発作性心房細動)治療のために受けたカテーテルアブレーションの体験記。

今年は自然災害が多い!(術後80日)

9月8日

ブログのアップをしばらく休んでしまった。

この2週間、会社では中期計画の資料まとめやら第4四半期の予算作成やらでヘロヘロになっていたので、ブログから頭が離れてしまっていた。

この2週間の状況としては、とても安定していて期外収縮もほとんど出なくなっている。たまに?と思うこともあるがほとんど気にならない。

以前は、仕事でストレスがかかると大抵調子が悪くなっていたが、この2週間、イライラしたり慌てたりしたこともあったが脈の乱れは起こっていない。とてもいい感じだ。このままいけば、18日の診察の時にはリクシアナの服用も終了になると思う。

 

さて、2日前に北海道で大きな地震が起こったが、その2日前には大型の台風21号が上陸して、大阪などが大変な被害を受けたばかり。

7月には中国地方で水害も。今年は何かと自然が原因の災害が多い。

 

 不整脈で悩んでいる方はこういった自然環境に少なからず影響を受けているのではなかろうか。地震がくるとドキッとして脈拍増加、その負担がもとで期外収縮が気になってしまったり、台風や低気圧の接近・通過に伴う気圧の変化が激しいときに調子を崩してみたり、猛暑はやはり心臓にも負担がかかっているみたいだし....。←かかりつけの医師が言っていた。

水分は充分に取るようにとのこと。まだ日中は暑いのでもうしばらくは注意しよう。

 

テレビで地震のニュースを見ながら、7年前の東日本大震災で自分が体験したことを思い出していた。ガソリンスタンドに続く長い車列、傾く家や電信柱、大規模な停電。全く同じだ。あの時、自分もこうだったなあと思いを馳せるだけでは意味がない。今一度災害への備え、見直してみようと思う。

 

今日の心拍数 84回/分