まっしーのカテーテルアブレーション体験記

不整脈(発作性心房細動)治療のために受けたカテーテルアブレーションの体験記。

いざ!出陣!その1(手術当日)

6月20日

いよいよカテーテルアブレーションを受ける当日。

一番の手術なので朝ご飯はなし。4時半頃に目が覚めたが、よく眠れたと思う。気分もいいし緊張もしていない。

 

朝の血圧 135/98

う~ん。やっぱり下が高いな....

 

 

「おしっこの管をいれま~す」

男性と女性の看護師さん2人でやってきた。

とうとう来たか!これも辛いことランキングトップクラスだったはず。

男性の看護師さんが

「はっきり言って痛みを伴います」というので

「噂には聞いております」と返した。

「深く息を吸って、フーっと吐いてください。その間にいれます」

.............!!!!

「はい、入りました。これからは勝手に尿は流れますから気にしないで大丈夫です」

「うー、なんか常に尿意をもよおすような感じ、こんなんで手術中大丈夫だろうか。」

 

8:50

尿の管に慣れたころ、ストレッチャーが運ばれてきた。

「まっしーさん、出発しますよー」

 

おー!いよいよ出陣じゃ!

 

病室の入り口のところでストレッチャーの上に横になって出発。

病室のある4Fからカテーテル室のある3Fまで、天井を眺めながら移動。

 

???どこかで見たような....

あ~!ドラマとかでこういうシーンよくあるな~

 

じきに手術室の表示のある自動ドアを通過。

思わず左右をキョロキョロして観察してしまう。

明るい室内、たくさんの術衣を着た医師?看護師?

 

そして自分がカテーテルアブレーションを受ける部屋に到着。

担当の看護師さんはじめ何人かから挨拶と自己紹介をされた。

ストレッチャーからアブレーションをする手術台へ横スライド。

「今から準備を始めます。」

心電図をつけたり、胸と背中に4つか5つ電極と思われるシートを貼ったりとせわしなく作業が続く。その間、私は周囲を観察していた。

モニターが6つ。うち1つのモニターに私の心臓のCT画像が写し出されているのがわかった。

 

ほー。これが自分の心臓か....

 

ひとしきり用意が整うと、担当の先生が

「おはようございます。がんばりましょうね。」と声をかけてくれた。

いよいよという感じになってくると緊張してきてえづき始めた。

看護師さんに

「緊張するとえづいちゃって」と言ったら、

「そうですよね。今から手術って考えたら当然ですよ」と言われ少しホッとした。

 

「それでは眠くなる薬が入ります。すぐに眠くなります。」という声が聞こえ、天井を見ていると視界が歪むような回るような気がしたので

「うわっ!きたきた!」と言ってたら、「そのまま2,3回深呼吸しましょう」

と促されたので、

「スー、ハー、スー、ハ―.......」

2回目までは覚えているのだが、それ以降の意識、記憶がない。

気がついたときは病室だった。

病室の時計が12:25。

 

もう3時間半近くたっているのか.....

 

周囲を見渡すと妻がきていた。

「終わったね。先生から話があったよ。全部焼いたって」

 

f:id:asamaberry:20180707090842j:plain f:id:asamaberry:20180707090928j:plain

 

まだ意識朦朧としていたせいもあり、それ以外の会話の内容が頭に残っていない。ろれつも回っていなかったと思う。

ただ気分は悪くなかったので、1時半頃に妻を帰宅させた。

 

                     (いざ!出陣!その2へつづく)