まっしーのカテーテルアブレーション体験記

不整脈(発作性心房細動)治療のために受けたカテーテルアブレーションの体験記。

入院!その1(手術前日)

6月19日

今日はいよいよ入院。

私の住む栃木県から群馬県立心臓血管センターまでは車で1時間半ほど。

家を7:05に出発した。梅雨の間というのに今日は天気が良く、気分もいい。北関東自動車道も空いていて落ち着いて運転することができた。

8:38 病院に到着!

入院の受付は2番。9時前には受付を済ませ採血と心電図検査へ。

それが終わると4F東病棟へ向かった。

ラウンジでの待機後、病室へ案内された。

さっそくリースのパジャマに着替えてベッドに腰かけていると、すぐさま携帯心電計をつけられた。

       f:id:asamaberry:20180625100535j:plain

これは入院中、常に装着していてナースステーションのモニターで見ることができるようになっている。すごい。

 

しばらくすると息子を学校に送りだしてから家を出てきた妻がきた。

今日は経食道心エコーがある。そのため朝ご飯抜きで来ていたので空腹。

まして心臓CTの行うのでそれまでは食事はできないということを今朝になって知り、ちょっとがっかりだった。

ネットで調べていると辛いことの上位に挙げられている経食道心エコー。

やはり不安。私は胃カメラが大の苦手。

胃カメラよりちょっと太い! とか

うなぎを飲むみたい!? とか

どうしようと思うことを目にしていたので、かなり心配になっていたのである。

 

10:30

経食道心エコーのお呼びがかかった。

いざ出陣!

介助の方が車いすで連れていってくれる。

検査を待っている人を横目にさっさと部屋に入っていった。

検査のベッドに座っていると、看護師の方が「喉の麻酔です。凍っているので口の中でゆっくり溶かしてください。コーヒー味になっていますが、コーヒーは大丈夫ですか?」と聞きながら氷状のかたまりを口の中にいれてくれた。

「おー!本当にコーヒーの味がする!」なんて感心しながら、そのかたまりを舐めていると、検査担当の医師が一通り検査の説明をしてくれ、同意書への

サインを求められたので記入。その間も徐々に喉は麻痺してきており、喉の違和感に敏感な私はえづきそうになるのを抑えるのに苦労した。

「緊張するとえづいちゃうんですよね」

「酸素の管を鼻のところにつけますね」

 

口の中の麻酔薬がなくなると、横に寝かされ、口にマウスピースを挿入しテープで止められる。

「それでは検査を開始します。点滴のところから眠くなる薬をいれていきます。

すぐ眠くなります。もう入っていってますよ~」

「えー、本当に?眠くならないよ」と思ったのを最後に記憶がない。

うすらぼんやり気がついたときには「検査終わりました。気をつけてゆっくり車いすの方へ移ってくださいね」と言われ、よろよろしながら車いすに座った。

カテーテルアブレーションの辛いことランキングで上位の経食道心エコーが知らない間に終わってミッションコンプリート!感動しきり。

そんな長い時間ではなかったと思うが、秒殺でしかも検査の間全く意識がなく完了するなんて、今の医療は凄いなあと感じた。

                         (入院!その2へつづく)