まっしーのカテーテルアブレーション体験記

不整脈(発作性心房細動)治療のために受けたカテーテルアブレーションの体験記。

先生、お願いします。(術前2ヵ月)

4月20日。前回の検査結果の診察から2週間。

手術を受けるべきか、受けるならどこがいいかいろいろ調べた。

結果、さいたま赤十字病院群馬県立心臓血管センターで紹介状を書いてもらうつもりでクリニックに行った。

先生

「どうですか?調子は?」

「薬のおかげでほぼ収まっています。期外収縮の自覚は一日に数回です。」

先生

「で、考えていただいた結果、いかがでしょう?」

「先生、さいたま赤十字病院でも紹介状を書いていただけますか?」

先生

「全然問題ないですよ。どこでも書きます。群馬県立心臓血管センターでもどこでも。全く問題ないです。群馬県立心臓血管センターは以前勤めていた

ことがあって、今でもたまに患者さんに紹介状を書いて行ってもらっています。

この間もまっしーさんより年を召した方が一人で行って一人で帰ってきましたよ」

 

ー それを聞いたとき、この機会を逃してはいけないと思った。群馬県立心臓血管センターは症例数トップだ -

「先生、群馬県立心臓血管センターでお願いします。」

 

この日、診察を終えて待合室で待っているとき、受付の人から今後のスケジュールの説明があった。予約はクリニックでいれる。予約日が決まったら携帯に連絡する。

 予約日が決まったら、紹介状と書類を渡すので取りにきてほしいということ。

など告げられてクリニックを後にした。

 

後日、心臓血管センターの診察日は5月7日に決まった。診察の結果、適応ということになると、そこでの次回の予約は入院の予約になる。つまり手術日の予定を決定するようになるとのこと。とても早い。さいたま赤十字病院だったらもっと時間がかかるに違いない。パイプのある心臓血管センターだからこそ、このスピードで話が進むのだと思った。

待合室でその説明とともに「こちらの冊子にカテーテルアブレーションの説明が出ています。まっしーさんの病名とは違いますが読んでおいてください」と渡されたのが「心房細動の基礎知識」

 

え?心房細動?

 

ポストイットの貼ってあるページをみたらカテーテルアブレーションの記事。

上の余白を見ると”発作性上室性頻拍”と書かれていた。

心房細動にはなりたくないと思っていたので、少しホッとした感もあるが、症状や心電図的には心房細動なんだよな~